2008年12月07日

小沢一郎の正体

いいもの見つけました


小沢一郎の正体



http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
posted by たこはち at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党の角田義一

民主党の角田義一(弁護士)・近藤昭一(中日出身)と朝鮮総連・解放同盟との癒着 この記者会見、マスコミはさんざん批判してたくせに今やすっかり忘れられようとしています。

釈明たった10分 民主・角田副議長「残念、無念だ」(1/27 イザ!)

 今度は民主党の角田義一参院副議長(69)=会派離脱中=が「政治とカネ」の問題で辞任を表明した。26日夕、記者会見した角田氏は、献金不記載疑惑について「入金はない」と改めて主張。記者の質問を受け付けず、わずか10分で会見を打ち切り退席した。
 角田氏をめぐっては、自らの選対本部が、約2500万円の献金を収支報告書に記載していなかった疑惑が内部資料で明らかになっていた。

 不記載疑惑については、「党群馬県連は昨年6月から内紛が起きており、帳簿、通帳が流出した。選挙に関するものが含まれるが確認できない」と釈明。それにもかかわらず「入金はない」と強調した。
 記者からの質問に、「質疑応答する心境にはない。惻隠(そくいん)の情を持っていただければありがたい」と、一方的に会見は打ち切り。「説明になっていない」と追いかける報道陣を振り払い、逃げるように議員会館を後にした。

他人に厳しく自分に甘い。だいたい自分の支持基盤もまとめられない奴は、国政に関わる者として不適格でしょう。
マスコミも、副議長を辞任し今回で引退だからといって疑惑の追及をやめてはならないはずです。
120万円返還へ 民主県連の寄付金未記載(06/12/20 産経・群馬版)

民主党県連は19日、東京都内で最高執行役員会議を開き、平成16年の参院選に絡み、部落解放同盟県連合会などから受け取った寄付金計120万円を、政治資金収支報告書に記載していなかった問題について、「原因は不明だが、未記載は違法性が高い」として、返還することを決めた。

角田陣営献金疑惑「総連は大切な団体」(1/18 読売・群馬版)
角田参院副議長:陣営が寄付2517万円を「裏金処理」(1/26 毎日)

 帳簿に記載されている主な団体は、連合群馬(前橋市、1000万円)、群馬県教職員組合(同、600万円)などの労組のほか、社民党県連(同、30万円)も含まれている。また、政治資金規正法で寄付を受けることが禁止されている外国人団体で朝鮮総連系の「在日本朝鮮群馬県商工会」(前橋市、50万円)の記載もあった。このうち、全国社会保険労務士政治連盟(東京都)や群馬県興農政治連盟(前橋市)、同県税理士政治連盟(同)が10万〜30万円を寄付したことを報告書に記載している。同県庁職員労働組合(同)は3万円の献金を認めている。


角田については人権擁護法案がらみで一度取り上げたことがありました。
糾弾という名の人権侵害(上)山崎公士の嘘?(2005年12月09日)
[PDF]国会通信(部落解放同盟)

糾弾権は人権委に影響を受けない

角田義一・議員 糾弾権の行使は影響を受けるか?
山崎 一般救済は、斡旋、調停。当事者同士の話し合いが根本。糾弾は私人間で当事者同士での解決をはかるもので、応じなければ人権委が仲立ちするというもので、変化はない。

その論理に従えば
 解同による攻撃→人権侵害にならない
 解同への「攻撃」→人権侵害になる
ということになるのかなー、と当時思ったんですが如何でしょう。(追記参照)

群馬で在日や同和の力が強いという話はあまり聞きません(私が知らないだけ?)。それより角田が弁護士出身なのが「利用価値」ではないのでしょうか。
そういや同じ民主党の弁護士議員・枝野幸男も解同系企業から献金を受けてたし、やはり弁護士で解同と北朝鮮の犬=福島瑞穂が厚労相辞任をわめいているのも、角田の疑惑から世論の関心を逸らすためかもしれませんね。(福島は人権擁護法案推進団体・人権フォーラム21の設立メンバーでもあった)

そして総連系企業から献金を受けていた民主党議員がもう一人(画像は三千里鐵道という団体のHPから)。
今週の週刊新潮が先鞭をつけたようですが、新聞報道は見事に三つに割れました。

民主・愛知3区総支部へ総連系企業から献金320万円(読売)
民主議員また違法献金 近藤昭氏、総連系企業から320万円(産経)
読売・産経は総連系企業と明記。

近藤昭一議員:外国系企業から不適切寄付受けた疑い(毎日)
近藤議員支部長の民主支部 外国法人からの献金返還(中日)
毎日・中日は「外国系」などの曖昧な表現で朝鮮総連系であることを隠蔽。

 政治資金収支報告書などによると、献金していたのは、名古屋市内にあるパチンコホールや機械器具設置会社など5社。代表者は、朝鮮総連傘下の在日本朝鮮人愛知県商工会の副会長を務め、朝鮮総連系の新聞で紹介されたこともある。5社は02年、会社名で110万〜30万円を寄付していた。政治資金規正法では、外国人が過半数の株を所有する企業から政治献金を受けることを禁止している。

 近藤議員は当選4回で、昨年2月から民主党愛知県連代表。読売新聞の取材に1日、「私自身の信念もあり、帰化しているかどうかを本人に確認することはしなかった。(会社の)株式保有の比率についても、詳細をすべて調べるのは難しく、把握していなかった」と説明した。
posted by たこはち at 07:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。