2010年07月30日

バイブ好き・辻元清美が社民党を離党、内縁の夫は元テロリスト!

元記事http://blog.livedoor.jp/tbs_news/archives/51765291.html

暫くぶりに記事を書く事になった。復帰第一回目は、やはり綺麗な女性にしたい・・そんな思いから、ふと飛び込んできた社民党・辻元清美の離党である。拙者は彼女のことは嫌いではない。まだまだ女盛りの50歳。歯に衣着せぬ発言もするが、一方で随分とお色気がある。そう言えば、彼女はまだ、あの極太のバイブを愛用しているのだろうか?

以前、このブログでも紹介したのだが、議員でありながら、特大のバイブ(しかも使用したもの)をバザーで平気で売っていた。しかも購入者にサインまでするツワモノ。この話は事実である。そう言う意味からも、根っからの助平である。他人に見られても平気なところを考えると、議員でなければ日活ロマンポルノやAVだってあり得たかもしれない。しかし、議員ってホントにレベルが低い・・・[日本ブログ村]

辻元清美のバイブの話!

まあ、辻元氏の下ネタは実に多い。民主党の小沢氏とも○○などの噂もある。尽きないのでこの辺にして、一応、今日の辻元清美議員の社民党離党に触れておこう! 社民“トドメ”の衝撃 辻元氏離党へ

(yahooニュース:引用:産経新聞)
社民党の辻元清美前国土交通副大臣が離党の意向を明らかにしたことは、参院選で敗北した同党にとって大きな打撃となった。福島瑞穂党首ら執行部への不満は他の議員にもくすぶっており、福島氏は自らの進退問題にも直面することになったうえ、党存亡の危機にも立たされたといえる。同時に民主党との連携維持を模索していた辻元氏の離党は、社民党と民主党の間の距離を一層拡大しそうだ。(以上引用)[人気ブログランキング]

彼女がかつて、芸能人に抱かれたと、
豪語していた人気俳優!!


まあ、民主や自民の老練な議員らから、夜も含めてお誘いがあるらしいから、どっかの党には鞍替えするのだろう。ただ、辻元氏の場合、主義主張は決して曲げない(根本的に治らない)筈である。・・と言う事は、先々お荷物になることは必至。他党は慎重に考えて欲しいものである。[日本ブログ村]

いくら良い事を言っても、所詮、反体制派であることは間違いなさそう。それを裏付けるのが、辻元清美議員の内縁の夫の存在である。彼女の内縁の夫である北川明は、現在「第三書館」という出版社の社長である。北川は昭和50年スウェーデンから強制送還され、旅券法違反で逮捕された 日本赤軍のヨーロッパ担当兵であったらしい。

西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だったのが未遂に終り、 公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意人物だった。また北川が経営する「第三書館」という出版社はマリファナや殺人、テロに関する詳しい書籍等の著しく反社会的な著作を多数出版している。[人気ブログランキング]

内縁の夫、北川明関連!

しかも、彼女の著作5点も「第三書館」から刊行されている。別に、右翼・左翼をどうこう言う気はないが、人に危害を与えるテロ行為や、また、違反薬物に関与する書籍などを良く扱っている出版社は如何なものだろうか? 今後、社民以外の党での生き残りを考えているなら、やはり主義主張を変えないと厳しそうである。

女性としては、まだまだエロさのある辻元議員だけに、頑張って欲しいものである。いっそのこと国会にミニスカートでも穿いていけば、エロオヤジどもが「うちへキンシャイ」となるのだろう!!若しくは、アダルトショップでも良いのでは(笑)。
posted by たこはち at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

本当なら菅首相をいますぐ辞めさせなければならない

森田実の言わねばならぬ【665】2010.7.24(その1)より転載
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06612.HTML



政府の現実の経済運営において、深刻なデフレスパイラル時の増税ほど危険なものはない。
いまの日本経済は深刻なデフレスパイラル下にある。
ここで大増税をすれば経済は大パニックを起こす。
経済は大破綻する。
大失業が起こる。

 しかし菅内閣はこのことを知らないようである。
 『週刊ダイヤモンド』7月10日号は「消費税」を特集した。
この中に菅首相ブレーンの小野善康阪大教授のインタビューが掲載されている。
見出しは「増税分を雇用創出のために使えばデフレ解消と消費税で経済成長」。
リード部分は「菅内閣が掲げるメ増税して経済成長モは内閣新参与をつとめる大阪大学社会経済研究所の小野善康所長の理論によるものだ。
菅首相のブレーンにその真に意味するところを聞いた」。
 小野教授は次のように語っている。
 「増税は雇用を増やすためにするのだ」
 「増税分を雇用創出に充てるのだから財政は悪化しないし、雇用した人に賃金として支払うのだから民間の可処分所得も減少しない。
つまり増税で購買力を抑えることもない。
おまけに雇用不安解消による消費拡大があるから、所得税収も消費税収も増加する」
 「政府は国民におカネを回さないのではと言う人がいる。
財政の歳出と歳入が一致する以上、その心配はない」
 現実の経済に無知な空理空論である。
経済学者の中には現実の経済を知らず、現実と無関係な経済理論を振り回す者がいる。
小野教授もその一人であろう。

問題は菅首相である。
民主党はこんな空理空論を信ずる政治家を首相にした。
この責任は問われなければならない。
デフレスパイラル下での増税は、国民経済全体を破壊する。
大増税は、まず大破壊、大失業を起こすのだ。
これがわからないような政治家を首相にしておいてはならないのだ。
日本国民にとってこれほど危険なことはない。

posted by たこはち at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税金ドロボー 河上

河上満栄.jpgimages.jpgimages3.jpgimages2.jpg

本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員 「労働なき富」批判も2010.6.10 01:17産経ニュース

今夏の参院選に京都選挙区からくら替え出馬の決まっている民主党の河上満栄(みつえ)衆院議員(39)=近畿比例=が4〜5月にかけ、衆院本会議に1日しか出席していないことが9日、分かった。選挙区内で遊説など選挙準備を行っていたとみられる。この間に支払われた議員歳費(給与)などは計約460万円になる。河上氏は小沢一郎前幹事長から強い要請を受け出馬が決まり、4月2日に公認を得ている。

 河上氏は、所属する農林水産委員会と消費者問題特別委員会にもそれぞれ1日しか出席していなかった。

 衆院事務局によると、河上氏は4月6日の衆院本会議に出席後、4月8日〜5月31日に開かれた計14回の本会議をすべて欠席。農林水産委は4〜5月に計10回開かれたが、出席は4月6日だけ。4月に2回開かれた消費者問題特別委も1日しか出席していなかった。

 4〜5月に河上氏に支払われた歳費(月129万7千円)と文書通信交通滞在費(月100万円)は計約460万円。参院選出馬に伴い月内に辞職したとしても、6月分の歳費と文書通信費計約230万円と6月末支給の期末手当(ボーナス)272万6942円は満額が支給されるという。

 衆院議員は本会議時の登院が義務付けられている。欠席の場合には理由を付けた届を議長に提出することになっている。河上氏は欠席した14日間、横路孝弘衆院議長あてに欠席届を提出し、横路議長もこれを受理していた。
衆院事務局は欠席届に河上氏が記載した「理由」を明らかにしていないが、欠席理由には、病気やけがのほか「所用」なども認められるという。

 河上氏のブログなどによると、河上氏は4月2日に民主党の公認を受けた後、遊説などを開始。殺人罪の公訴時効の廃止などを盛った刑事訴訟法の改正案を衆院本会議で可決した4月27日には、京都市北区でビラを配布。口蹄(こうてい)疫対策特別措置法案を農林水産委が可決した5月26日には、同市伏見区で高齢者から戦争体験の話を聞いていた。

 河上氏は元全日空の客室乗務員で、昨夏の衆院選の近畿比例(名簿49位)で初当選。今夏の参院選の京都選挙区(定数2)から2人目の公認候補としてくら替えでの出馬が決まった。

 産経新聞は河上氏側に取材を申し込んだが、9日夜までに回答がなかった。



 政治倫理に詳しい近畿大法学部、石田榮仁郎教授(公法学)の話「国民の期待を裏切る行為で、選挙優先、国会軽視の民主党の姿勢がよく分かる。本来の仕事をせずに給与をもらって平然としていられるのは国会議員だけで、民間なら考えられない。歳費の返還請求訴訟をしてもいいレベルだ。鳩山由紀夫前首相がガンジーの言葉を引用し、大罪として挙げた『労働なき富』とはまさにこのことだろう」
posted by たこはち at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

横峰パパ恐喝関与

こんな奴が議員でいる事がおかしい、さすが「ミンストウ」



posted by たこはち at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。