2010年08月28日

民主党政権、早期解散を!

2009年9月、300議席を越える絶対安定多数を獲得し、政権交代が実現した。

この1年を振り返り、民主党の無能さばかりが目に付く

マニフェストと現実、鳩山の瞑想、挙句の果てに総理交代、円高株安に対しても鈍感

急激な円高、株安、企業経営危機の深刻化にもかかわらず、政府、日銀は何もしない

菅政権は白川日銀総裁の無能さを支持している様だ。

よく目にする民主党1年生議員のお粗末な過去と失態、今度は「政治と金」で引退したはずの疑惑の小沢が

民主党代表選に出るようだ。

当初、政治主導で聞こえは良かったが所詮素人集団、つけを国民に回し混乱だけが実績のこの1年

早期解散し国民の判断を受けるべきだ!

posted by たこはち at 02:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

行き当たりばったり民主党

民主党代表選(9月1日告示、同14日投開票)を見据え、小沢一郎前幹事長を推す勢力が動きを活発化させたことを受け、菅直人首相再選を支持する勢力が反撃の狼煙(のろし)を上げた。参院選大敗で“選挙恐怖症”になっている議員心理を逆手にとり、「首相が交代すれば衆院解散圧力が強まる」とアナウンスも忘れない。小沢氏らの「挙党態勢」の求めに応じる気配はなく、激突は避けられない情勢となりつつある。(榊原智)

 「われわれはマニフェストをよりよくするため見直しながら一生懸命やっている。それをけしからんとマニフェストを政争の具にする動きがある」

 民主党の前原誠司国土交通相は20日夜、都内のホテルで開いた自らのグループの会合でこう語り、小沢氏らの動きを牽制(けんせい)した。前原氏が「これからも菅首相を支えていこう」と呼びかけると仙谷由人官房長官ら約40人が気勢を上げた。

 前原氏ら再選支持派は、「数の力」を見せつける小沢氏支持勢力への対抗手段も編み出した。

 「代表選で仮にまた代表が代わり、首相が代わるとなると個人的には総選挙が筋だと思っている。私は菅首相を支持したい」

 蓮舫行政刷新担当相は18日の野田佳彦財務相らのグループ研修会でこう力説した。ほかの再選支持派も「首相が代わったら総選挙だぞ」とささやき続ける。

民主党は3年間で3人の首相を交代させた自民党を「信を問え」と攻め続けた。政権交代から1年で首相が3人目に代わる事態となれば、解散圧力には抗しきれないという理屈はそれなりの説得力がある。

 しかも民主党国会議員413人のうち衆院1回生は144人。選挙基盤が弱い彼らに「菅降ろし=総選挙」という図式を流布すれば、安易に小沢氏支持には動くまいと考えたのだ。

 この動きに小沢氏側近の山岡賢次副代表は20日、「首相交代ならば解散というのはブラフだ。解散なんてあり得ない」と語気を強めた。再選支持派の「ささやき戦術」が効果を挙げている証左といえる。

 首相の女房役である仙谷氏は強気一辺倒だ。20日の記者会見では「現時点でも挙党態勢だ」と断じた。鳩山由紀夫前首相や小沢氏らの「挙党態勢」の求めをはねつけ、脱小沢路線を死守する腹づもりのようだ。

 岡田克也外相も20日、「起訴される可能性のある方が代表、首相になることに違和感を感じている」と述べ、小沢氏が出馬するならば、政治とカネ問題を再燃させることも辞さない構えを見せた。

 首相も23〜25日に1回生と懇談するなど自ら参戦する考えだ。ここで1回生議員のハートをがっちりつかむことができるか。代表選の行方を大きく左右する可能性もある。

 ただ、再選支持派の強硬姿勢は、小沢氏支持勢力の結束を促し、党内に修復不能な軋轢(あつれき)を生みかねない。小沢氏は最終的に出馬しないとタカをくくっているならば、手痛いしっぺ返しもあり得る。
posted by たこはち at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

菅首相が発表した談話・火種A

産経ニュース2010.8.19 22:44

日韓両国の国会議員が、日韓併合100年にあたり菅直人首相が発表した首相談話や両国関係について議論する会議が19日、国会内で開かれた。韓国側は談話の内容は不十分だと指摘した上で、日韓併合条約は無効だとして慰安婦問題などへの補償を要求。日本側は押されっぱなしとなり、首相談話が日韓の歴史問題に区切りをつけるどころか、逆に解決済みの話を蒸し返し、韓国側の要求をエスカレートさせている実態を浮かび上がらせた。

 日本側は民主党の斎藤勁、石毛●(=金へんに英)子両衆院議員、社民党の福島瑞穂党首ら民主、社民、共産3党など左派・リベラル色の強い衆参両議員14人が参加。韓国からは8人が参加した。

 韓国側は元慰安婦や原爆被害者問題に関する補償の追加協議や、在日韓国人への地方参政権付与を求める要望書を土肥隆一衆院議員(民主)に手渡した。

 首相談話をめぐっては、韓国側から「韓国国民から見れば全然足りない」などとの意見が続出。談話で「意に反して行われた」と記された日韓併合に関しては「本当に歴史に率直であるならば、日韓併合条約の不法性を認めなければならない」との指摘もあった。

 これに対し、日本側は特に反論せず、福島氏は「談話は不十分」と同調した。今野東参院議員(民主)は「談話はよく出したものと評価している。ほめてもらうことで(日韓関係も)調子がよくなることもある」と苦しい釈明をした。

韓国側はさらに、元慰安婦などの補償問題について「法的論理をふりかざすのではなく友好親善の視点に立つべきだ」と主張。日韓基本条約で「完全かつ最終的に」決着済みの補償問題についてもさらなる取り組みを求め、元慰安婦や在サハリン韓国人問題、文化財返還などについて国会議員同士で取り組む委員会の設立を提案した。

 それでも日本側から反論はなく、石毛氏は「(日本では)日韓の歴史を反省することに反する動きが見過ごせない波になっている」と述べ、自虐史観に批判的な世論を批判した。
posted by たこはち at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

菅首相が発表した談話・火種@

朝鮮日報 : 2010/08/12 11:30:41
日韓併合100年:光復会が菅談話を一蹴、天皇に謝罪求める

光復会は11日、日本による韓国併合から100年を迎えるに当たり、菅直人首相が発表した談話を批判する声明文を発表し、天皇による具体的な謝罪を求めた。


 光復会はこの日、ソウル・汝矣島の光復会館で、「菅直人首相による談話の発表に関するわれわれの立場」というタイトルの声明文を発表し、「失望を通り越して怒りを禁じ得ない。5000万国民と共に日本政府の欺瞞(ぎまん)性を強く非難する」と述べた。


 同団体は「談話には、植民地支配の過去に対する生ぬるい謝罪の表現はあるものの、真の謝罪というものはない。道義的な反省はあっても、真の意味での反省はない。何よりも(日韓併合)条約の締結に関する違法性を認める個所はどこにも見当たらず、非常に失望させられる、無意味なものだ。政治的な戯(ざ)れ言にすぎない」と主張した。一方、「すべての独立運動団体を代表する光復会の要求」という別の声明文で、「日韓強制併合は、強圧的かつ違法な手段で実現したものであるため、最初から無効だということを認めよ」「日本の首相の欺瞞的な謝罪よりも、天皇による率直かつ具体的な謝罪を求める」と訴えた。


 同団体のキム・ヨンイル会長は「日本による強制的な占領に伴って犠牲になった、独立運動家やそのほかの被害者たちの前で、天皇がひざまずいて謝罪する姿を見せない限り、日本側のいかなる行動も韓国国民を欺瞞する妄動だということを自覚すべきだ。日本政府は今すぐ、日韓強制併合の違法性を認め、これに伴う国家賠償を実行せよ」と求めた。


張一鉉(チャン・イルヒョン)記者
posted by たこはち at 03:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

民主・田中氏、出会い系袋とじの過去が発覚

stt0909110645001-n1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090911/stt0909110645001-n1.htm
産経ニュース2009.9.11 06:41

今度は「出会い系袋とじモデル」!! コスプレ風俗ライターに続き、映画でヌード濡れ場を演じていたことが発覚した民主党の田中美絵子衆院議員(33)=比例北陸・信越ブロック=の仰天の過去が10日、またまた明らかになった。2004年12月発売のサブカル誌の「カレシ募集企画」にモデルとして登場し、携帯番号とメルアドを袋とじで掲載していたのだ。次々と浮上する“小沢姫の過去”に党幹部も頭が痛い!?

 衆院選では自民党の大物、森喜朗元首相(72)を“伐採寸前”まで追い込んで有名になった田中氏が、今や“別の顔”で注目を集めている。

 11日発売の写真週刊誌「フライデー」によると、田中氏が登場していたとされるのは、04年12月発売の「裏モノJAPAN」05年2月号。同誌のメーン特集「携帯番号&メアドつき! その場で口説く出会いたガール30人」という“出会い系”の企画だった。

 田中氏は1番手で紹介され「椎葉(しいば)恵美さん」として登場。「30歳OL 神奈川 1人暮らし」の“肩書”で、茶髪のショートカット姿で笑顔を見せている。プロフィル欄にある1975年生まれは合致するものの、「血液型O型」(実際はA型)で、星座も「かに座」(実際はいて座)。好きな有名人は、あろうことかライバル・自民党の小泉純一郎元首相(67)の名前を上げていた。
 「今度付き合うとすれば結婚を前提にしたいので、電話をくれるのはまじめな方限定で」と大胆コメントも。身長157センチ、体重45キロ、3サイズはB80W60H85と記されており、別ページの袋とじには本人と連絡が取れる携帯番号とメールアドレスが掲載されていた。

 「裏モノJAPAN」編集部は、サンケイスポーツの取材に「(女性が)田中氏かどうかはノーコメント」としたうえで、「当時、女性は編集部員がスカウトしていた。携帯番号は編集部がプリペイド携帯を渡しているので、本人につながったはずですよ」と話した。

 田中氏は離婚歴があるものの、当時は独身で結婚には支障ない。また風俗ライターをしても、映画でヌードを披露しても問題はない。しかし、同誌が発売された時期に田中氏が民主・平田健二参院議員(65)の秘書として活動していた可能性があり、事実なら「単なるバイトでした」では済まない話だ。

 平田氏の事務所では「田中氏は07年3月に辞めたが、それまで3〜4年ほど働いていた」というから、「袋とじモデル」と重なる可能性が極めて高い。「雑誌の名前すら知らない。仕事が終わった後も大学に行くようなまじめな人だったのに」(同)と寝耳に水の様子だった。

 “ヌードな過去”が明るみに出た際、民主党幹部は「(意外な過去が)次々に出てくるのはまずい」と頭を抱えたが、今回の件について民主党本部では「記事について全く把握していないので一切ノーコメント」と焦った様子。映画出演の件では近日中にコメントするとしていた田中氏の事務所も、今回の件では「記事を見ていないのでお答えできません。党本部に聞いてください」と話した。
posted by たこはち at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。