2012年06月23日

小沢氏、やはり「壊し屋」?新党3つ作ったが…

2012年6月22日(金)10:07 YOMIURI ONLINE

(読売新聞)
 小沢氏が新党結成に踏み切れば、今度が4度目の新党となる。

 最初の新党は、1993年6月の「新生党」だ。前年秋の竹下派分裂で少数派閥に転落した「羽田・小沢派」が母体で、野党提出の宮沢内閣不信任決議案に賛成票を投じ、羽田孜氏(元首相)らとともに自民党を離党して新生党を結党、93年7月の衆院選後、非自民の7党1会派による細川政権を誕生させて自民党から政権を奪取した。新生党には、岡田副総理や藤井裕久・民主党税制調査会長らが所属したが、両氏とも今は小沢氏とたもとを分かっている。

 2番目の新党は、94年12月、新生党はじめ日本新党、公明党、民社党などが合流して作った「新進党」だ。自民党に次ぐ勢力を誇ったが、97年12月の党首選で再選された直後に解党。新進党には、日本新党から参加した野田首相が所属していた。小沢氏は新進党解党後、3番目の新党「自由党」を結成。結党翌年の99年には、対立してきた自民党との連立を決断した。

 小沢氏は2000年4月に自民党との連立を解消、03年9月、民主党との合併に踏み切った。民主党内には当時、小沢氏を「壊し屋」と警戒する議員が多かったが、06年に「まず私自身が変わらなければならない」と述べて党代表に選出された。03年の「民・由合併」から9年、小沢氏はやはり「壊し屋」となるか――。

posted by たこはち at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。